ニッコマ卒のマネーブログ

とあるニッコマ生のマネーブログです。

老後の資金、3000万円ってホント??【住居費編】

どうもお久しぶりです、笠ブローです!

 

今の時代、老後に必要な貯金は3000万円必要と言われているらしいです。

 

 

総務省の家計調査では、

2人以上の世帯のうち高齢無職世帯(世帯主が60歳以上)の支出は月27万円弱。

食費や交通・通信費などが主な支出です。平均的な寿命を考えると夫が84歳で亡くなるまでの24年で支出は約7700万円。残された妻の支出はそれまでの7割と考えて89歳で亡くなるまでの5年で約1600万円。合計で約9300万円になる。

 

(※今回は平均寿命ではなく平均余命を平均的な寿命として使っております)

 

もちろん、老後は年金をもらえるわけだから、この金額を丸々準備する必要はない。

普通のサラリーマン、専業主婦、というケースで考えるとおよそ月22万円ほどもらえることになります。

65歳からもらい始め、夫の死後は妻が自分の老齢基礎年金に加えて遺族厚生年金(夫の厚生年金の4分の3)をもらうとすれば、世帯で受け取る合計の年金額は約6300万円で差し引き3000万が必要という論理です。

 

待ってください、ここにも実は落とし穴があります、、、

 

実はこれ、持ち家暮らしの場合なんです

つまり、賃貸はさらに多くの資金が必要になるということです。

 

次回はそれについて書いていきます。

それではまた